名古屋のマンション管理会社の選び方の注意点

どこまで管理の委託をすべきかを考える

名古屋にて、資産運用を含めて不動産投資を考えるのなら、その不動産の種類をマンションにするのであれば、自ずと管理組合に入ることになります。また、一棟買いにしてもワンフロアにしても素人での運営・経営はいささか難しさがあります。もちろん、サラリーマンや早期定年退職者でさえも不動産投資が行われており、仕事との両立が図れるのならまだしも、なかなか管理まで1人では難しいでしょう。それならば、名古屋のマンション管理会社に委託することが得策です。注意点は、どこまでサービスを利用するのか、この点に関しては管理組合がしっかり機能しているのであれば、あまり費用をかけず、必要最低限の管理のみを委託すれば済む話です。例えば、マンションの難しいとこれは、地震や災害などで修繕工事が必要になったとしても、各居住者が独自の判断で工事できないことです。外壁に大きなヒビが入った場合でも、直したほうがいいと思う人ばかりではありません。意見のとりまとめもしてくれるところを選びたいものです。

支払いの催促や交渉までも担ってくれる

建物についての定法やマンション管理組合の活動記録を保管してくれるケースもあります。名古屋のマンションに関する修繕履歴、修繕積立金残高、長期修繕計画のほか、総会や理事会の議事録などもマンション管理会社側で登録してくれます。修繕積立金が十分に積み立てられていない、いわゆる滞納者、未納者がいるならば、マンション経営者であるオーナーが自ら催促することになります。これは、入居者が賃料未払いの場合にも支払いの催促をしなければなりません。しかし注意点となるのは、実際には法的問題に発展させずに解決や和解をしたいもので、こうした交渉も管理会社が担ってくれますが、トラブルゼロの実績で選ぶことが必要です。管理組合はマンション住人から構成されるコミュニティで、規則だからということを強く指摘できない可能性もあり、やはり、マンション管理会社に委託すべきでしょう。

選び方はアドバイスやサービスの質

マンションを取得するとして、注意点は管理規約が自身のライフスタイルにマッチしたものか、という点です。ペットについても細かく規定がありますが、ほかに、用途制限や楽器の使用についての規則です。部屋の一部を使ってお店を開くなどもあり、そもそも管理規約を明文化していないマンションも存在している話ですから、確認しましょう。また、先に述べたように、修繕計画が現実的で具体的なものかどうかが、今後もマンションとしての資産価値を保ち続けることができる判断材料となります。明らかに積立金が足りず、修繕計画が現実的でないところもありますから、そうした場合の策を講じてくれる、アドバイザーや保証などが付帯された管理会社を選びましょう。