名古屋のマンション管理会社への手数料はどれくらいかかるのか

手間賃をかけても委託したほうが賢明

名古屋にてマンション管理会社に賃貸管理を委託するのであれば、契約締結での費用が発生しますから、収支計画を立てなければなりません。所有しているマンションを賃貸に出すにしても、入居者募集や共有部分の管理、入居者からのクレーム対応なども自らが行うことになりますが、大概は、マンション管理会社へ全て、あるいは一部委託している傾向です。経営者にとって手元に残る収入は、家賃収入から管理会社に支払う手間賃を引いた残りになります。もちろん管理会社に委託せずにとなれば、手数料も不要ですが、それだけに管理業務をこなせる時間や体力も必要でしょう。ですから、管理会社を活用するのが賢明です。支払う手数料を算出するにはどうすればいいのか、また相場も調べておきましょう。

相場をまずは念頭に入れておこう

一般的に、家賃×パーセントで算出するもので、例えば、毎月の家賃を10万円とし、管理会社との間で手数料を家賃の3%という取引になれば、月々10万円×3%の3000円という計算式になります。ここから導き出せるのは、戸数が増えるほど家賃も高く設定でき、パーセンテージもそれだけ大きくなります。名古屋でのマンションの家賃相場が8万円だとして、10戸で5%の取引となれば、家賃総額80万円に対して5%の計算式になり、月々4万円を支払うことになります。ちなみに、全国的な相場は家賃の5%だといわれています。委託するマンション管理会社も名古屋というエリアだけに絞っても、相場に比べて高いケースだってあります。不動産投資(運用)には利益が出るだけでなく、賃料未払いや滞納、空室によって利益が出ない可能性もなきにしもあらず、参考となる全国相場を念頭に入れておきましょう。

どんなサービスなら基本料に含まれるのか

また、マンション賃貸管理といっても、マンション管理会社によってサービスは様々です。共有部分の清掃や点検などは別途というところもあります。ですから、名古屋にて委託するところを選ぶならば、複数社に見積もりを依頼するのが賢明な判断でしょう。料金のみならず、サービスの比較もできます。基本サービスとなるのは、家賃集金や更新契約、退出の立会や点検です。別途となるサービスには共用部分の清掃であったり、クレーム対応や家賃滞納保証などになります。もちろん、契約締結した後、不満が出ることもあるでしょうが、変更も可能です。今は、厳しい審査を通過した管理会社から比較できるサイトもあります。オーナー側のリクエストも様々でしょう。入居者を探してほしいだけ、修繕計画も考えて建物の点検をしてほしい、管理業務全部を委託したいなど、目的や条件にだけ応えるところもあります。ちなみに、管理手数料は経費として確定申告の際に計上すれば問題ありませんから、やはり、委託するのは利に適っているでしょう。