マンション管理会社と名古屋で契約するときに知っておくべきこと

フロントマンをよく見ておくこと

名古屋市内のマンションを管理してもらうには、マンション管理会社にお願いするのが1番です。この場合、様々な業者があるためどこを選んだらよいのか迷ってしまうでしょう。そこで、選び方をいくつか知っておくと良いです。選び方の1つは、まずフロントマンを見分けることです。フロントマンにも様々な種類の人がいますが、仕事をきっちりとこなしてくれる人はやはり信用できると言えるでしょう。そして、情熱的に仕事をこなしてくれるならば言う事はありません。ではそのようなフロントマンをどのようにしたら見つけることができるでしょうか。質の良いフロントマンの見つけ方の1つが、資格を取得しているかどうかです。マンション管理を行う場合には、管理業務主任者と呼ばれる資格を取得していると安心できます。大抵どの会社でも、すべてのフロントマンがこの資格を取得しているわけではありません。ですが、取得率が高い会社は、業務を安心して任せることができるでしょう。概ね全体の8割のフロントマンが管理業務主任者の資格を取得していれば、安心して任せられます。

賃料の回収するときの腕前を見ておこう

名古屋でマンション管理会社と契約する前には、フロントマン以外にも賃料の回収に関する腕前を確認しておきたいところです。通常オーナーは、賃料を支払ってくれない借主に対してお金を請求することになりますが、多くの場合なかなか支払ってくれないものです。この場合には、退去を命じることもできますが、裁判所が強制執行を命じるように相手を無理矢理移動させることができるわけではありません。このように考えれば、借主よりも貸主の方が立場的には不利なことが理解できます。そこで、管理会社に依頼するわけですが、管理会社自体が賃料の回収能力があれば安心して任せることができます。ですが、この能力が十分にない場合には、別の業者を選んだ方が良いかもしれません。

問題解決能力を確認することも大事

もし、名古屋のマンション管理会社と契約する場合には、その管理会社に問題解決能力があることも必要になります。マンションの管理は、単に賃料の回収や建物の清掃だけでなく、住民間のトラブルに対する解決能力も必要なところです。特に多いのが、騒音や臭いの問題です。騒音は、テレビの音や音楽の音あるいは深夜の話し声などがこれに該当するでしょう。臭いは、タバコの匂いやニンニクの匂いあるいはキムチの匂いなどがこれに該当します。もし問題解決能力があれば、トラブルに対して安心して管理会社に任せることができるためすぐにでも契約して良い位です。